図1

ワークショップ2日目。
天気は曇りととても寒くなりましたが、
セッションを通して自分の感情の扱い方を学びました。
breath to understand you pain」呼吸で自分の違和感を知る
体は正直、心からの痛み、肉体的な痛み、感情からの痛み、
全て体の中で動いているため、今の自分はどれから来ているかを観察することが大切。
バタフライ→ドラゴン→ピジョン→ダブルピジョン→牛の顔→シャバアーサナを左右で行い、
吸う息で違和感のあるところへ意識を持って行く、
吐く息で自分が解放されることに微笑みながら「ありがとう」と外へ流す。
そして、最後に瞑想により体の感覚、移変わりを感じる。
自分の体に「ありがとう」と日々伝えたことはありますでしょうか。
自分自身に愛を送ることで、
他人からの愛も受けられる自分でありたいとジャネット先生。

DSC_0001

 

「ありのままの自分を受け入れて行動する」

今の自分を愛していますか?

体の内側の状態を表す言葉emotion(感情)、先生の体験談を共に、みなさまも過去のストレスシチュエーションを思い出し、自分の感情の変化を一つ一つかみくだいていきました。

受け入れたけど裏には本当は変えたい自分がいる、問題を周りに言わず溜め込む事で自分を受け入れられずにいる。問題が起きる前の瞬間はどういう気持ちだったんだろう、自分の感情の変化を知り、否定せず、ありのままの自分を受け入れる。

感情のメッセージは見ないフリはせず、行動をすること。今日から明日へ結果のために動くのではなく、「進もう」「やってみよう」という感情を元に行動することで、自分の人生を渡っていく「幸せ」を掴めるとジャネット先生。だって、みんな「愛されたい」

IMG_4046

 

ジャネット先生の伝える言葉は、

一つ一つが丁寧に心に響くメッセージがたくさんありました。

この2日間のワークショップでは足りないくらいではなかったでしょうか。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました♪

またお会いできることを楽しみにしております!